ちょっとした時間つぶしネタを提供

ネタくり

生活

75歳以上の方が免許更新する際に必要な「認知機能検査」の内容を調査

投稿日:

認知機能検査について

75歳以上の高齢者ドライバーの方が運転免許の更新を行う際や特定の交通違反の時には、判断力や記憶力を判定する「認知機能検査」を受験しなければならないことになっています。

毎年、交通事故の数自体は減少傾向にある反面、急激な高齢化社会に伴う高齢者の自動車事故の発生件数は年々増加しています。

その中でも75歳以上の高齢者ドライバーが原因の死亡事故の割合は、この10年でほぼ2倍になっており、その背景には認知症があることも少なくありません。

しかし、自分の身体や記憶力、判断力が衰えていることは中々自分自身で自覚することは難しく、危険な状態で運転を続けている方が多いのが現状なのです。

そこで認知機能検査を行うことで客観的にドライバーの状態を把握し、その結果を踏まえた上で高齢者講習を行うことで引き続き安全な運転が出来るように支援するシステムとしてこの制度が導入されました。

認知機能検査の対象となる方について

認知症検査は原則として75歳以上のドライバーが対象となる検査ですが、以下の2つのケースにおいて検査が必須となっています。

75歳以上の方が免許の更新を行う場合

75歳以上の方が免許の更新を行う際には認知機能検査を必ず受けなければなりません。

認知機能検査は運転免許証の更新期間が終了する6か月前から受験することが可能で、受験に合格すると高齢者講習などの更新の手続きを受けることが出来るようになります。

75歳以上の方が一定の違反をした場合

2017年の3月に道路交通法が改正されたことにより、75歳以上の高齢ドライバーの方が、信号無視や一時不停止などの一定の交通違反を犯した場合は必ず認知機能検査を受検しなければなりません。

違反を犯した後に届く通知書を受け取ってから1か月以内に所定の場所で認知機能検査を受検しなかった時は免許の停止や免許の取り消し処分が科せられることになっています。

認知機能検査はどこで行われる?

認知機能検査の受検が必要な方はお住いの地域を管轄する公安委員会(警察署)または委託されている各自動車教習所にて認知機能検査を受検することが出来ます。

その際、講習通知書に同封されている「検査と講習のお知らせ」という冊子に受検可能な教習所が紹介されています。

教習所で認知機能検査を受検する場合は事前に予約が必要になっていますので、必ず事前に予約を行ってから検査に伺うようにしましょう。

スポンサードリンク

検査に必要な持ち物と、検査費用について

認知機能検査を受検する際には以下のものが必要になっています。

  • 受験を知らせるはがき
  • 筆記用具
  • 眼鏡(必要であれば)

また認知機能検査は1回650円の受験料が必要となっています。

認知機能検査の内容について

認知機能検査は大きく3つの問題が出題されることになっています。

問題の全てが判断力や記憶力を確認するための簡単な内容となっており、検査時間は約30分程度です。

ここからは実際に出題される問題の詳細な内容をご説明していきたいと思います。

検査開始前に行うこと

実際の検査が開始される前に試験官から以下の説明が5分程度行われることになります。

  • 補聴器や眼鏡の着用
  • 携帯をマナーモードにする・時計を外す
  • 検査の概要や必要性の解説など
  • 問題用紙への氏名の記入等

時間の見当識問題

認知機能検査ではまず初めに「時間の見当識」と呼ばれる問題が出題されます。

問題の内容は自分のおかれている「時」に関する認識を判断するためのものとなっており、検査を行う日付や、現在の西暦、現在の時刻などを記入することになります。

手掛かり再生問題

「手掛かり再生問題」は少し前に記憶したものを引き出す力である「短期記憶」に問題が無いかを調べる検査です。

全体の問題の中で点数配分が6割を占めている認知機能検査のメインとなる問題となっています。

この問題では試験官が1枚のパネルに4つの絵が描いてあるものを複数提示し、その記憶に基づいていくつかの問題が出題されます。

時計描写問題

「時計描写問題」では大きな円の時計を描写し、試験官が言う時間を時計の中に正確に描写することが出来るかどうかで、対象者の空間認知能力や構成能力、数の概念の理解などに問題が無いか判断されます。

もし、事前にもっと具体的に出題される問題について知りたい時は警視庁のホームページで実際に検査に使用される絵や記入用紙、採点基準などが公開されているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

試験と聞くと緊張して本来の実力を出せない場合もあるでしょうから、事前に問題の内容や流れを知っておくだけでも、当日は落ち着いて検査に取り組むことが出来るのではないでしょうか。

認知機能検査の結果について

全ての検査が終了すると、検査結果は以下の3段階で判定されます。

1.記憶力・判断力が低下している(49点未満)

2.記憶力・判断力が少し低下している(49点以上76点未満)

3.記憶力・判断力共に問題無い(76点以上)

もしも検査結果が1だった場合は、追加で「臨時適性検査」を受けるか医師の診断書が無ければ免許を更新することが出来ません。

また検査の結果「認知症」と判断された場合は強制的に免許の取り消し・停止となります。

スポンサードリンク

-生活

Copyright© ネタくり , 2019 All Rights Reserved.