ちょっとした時間つぶしネタを提供

ネタくり

生活

高齢者講習の試験内容や費用、必要な持ち物、予約方法、試験内容を調査

更新日:

高齢者講習について

高齢者講習とは運転免許証の更新期間が満了する日における年齢が70歳以上になる方を対象に行われる講習の事です。

高齢ドライバーの方は長年に渡り自動車の運転を行ってきたベテランドライバーではあるものの、年齢を重ねることで動体視力や反射神経、体力集中力がどうしても低下してしまうものです。

しかしながらそういった自分の身体の変化は自覚しにくいものでもあるため、昨今では高齢ドライバーが原因の事故が急増しているのが現状なのです。

そこで高齢者講習ではこのような身体的な機能低下が運転に及ぼす可能性があることをドライバー自らに理解してもらったり、運転を行う上でドライバーの能力に問題が無いかを診断することで安全な運転生活を送れるように実施されているのです。

また2017年の道路交通法の改正により、75歳以上のドライバーの方はこの高齢者講習に加え、記憶力や判断力を検査するための「講習予備検査(認知機能検査)」を受検することが必須となっています。

高齢者講習の概要について

対象者 運転免許証の更新期間が満了する日の年齢が70歳以上の方
受講期間 免許証の更新期間が満了する日の6ヵ月前から更新期間満了日まで
※更新期間満了日は誕生日の1ヶ月後なので、誕生日の5ヶ月前~1ヶ月後まで
受講方法 予約制で高齢者講習のお知らせのはがきに記載されている
指定の自動車教習所などに直接連絡をして予約を行う。
内容 ・座学:ビデオなどで交通ルールを再確認する。
・適正検査:ドライブシミュレーターなどを利用して、動体視力や夜間視力を測定する。
・運転実技:教習車を運転して、運転技術を確認する。
・討議(ディスカッション):運転実技の反省点を検討する。
※内容は年齢や講習予備検査(認知機能検査)の結果により異なる。
※上記内容は2017年3月以前の高齢者講習制度
手数料 75歳未満:5,600円(講習手数料)
75歳以上:5,850円(検査手数料650円+講習手数料5,200円)
所要時間 計3時間(座学30分+適性検査60分+運転実技60分+討議30分)
※上記内容は2017年3月以前の高齢者講習制度

講習予備検査(認知機能検査)について

2017年の道路交通法の改正により、

  • 運転免許証の更新満了時の年齢が75歳以上のドライバー
  • 75歳以上で一定の交通違反を犯したドライバー

この2つのいずれかに該当する方は、高齢者講習を受講する前に「講習予備検査」の受検が必要になりました。

講習予備検査では記憶力や判断力を測定する検査となっており、この検査を受けることで引き続き運転をしても問題無いかどうかが判断されます。

検査の内容は「時間の見当識問題」「手掛かり再生問題」「時計描画問題」の3つの問題で構成されており、検査時間は約30分となっています。

スポンサードリンク

時間の見当識問題について

「今年の西暦」「現在の月」「現在の時間」など検査を受けた時の年、月、曜日などの時間の認識について問題が出題されます。

「見当識」と言うのは現在の年月や時間、自分が今どこにいるのか、自分の置かれている状況を正確に認識しているかという意味があり、認知症の検査などでも実施されているテストになります。

認知症の初期症状の中に「見当識障害」というものがあるのですが、この障害が起きていないかどうかをチェックするためにこの「見当識問題」が出題されています。

手掛かり再生問題について

ここでは計16枚のイラストを記憶し、試験管の出題する問題を回答していきます。

この検査では記憶力の状態を確認することで、認知症の症状の代表ともいえる「物忘れ」があるかどうかを判断します。

認知症の「物忘れ」と老化による「物忘れ」では症状が異なるため、この手掛かり再生問題を回答することで「物忘れ」が認知症が原因のものなのかどうかを確認することになります。

時計描画問題

ここでは試験官が時刻を言い、その時刻の時計の絵を描くことになります。

「時計」と言うのは一般的に誰でも理解できるものであり、教養がある・ないにも左右されません。

そのため時間もかからず、誰でも簡単に実施できることから認知症の傾向があるかどうか、また認知症の進行具合を図るためのテストとして広く普及されています。

この問題では時計を正確に書けているかどうか、数字が足りているか、時計の針が時刻を正しく指しているかなどから認知症の可能性があるかどうかが判断されます。

これら3つの検査結果により検査を受けた方は以下の3つに分類されます。

1.記憶力・判断力が低下している(第1分類)

2.記憶力・判断力がやや低下している(第2分類)

3.記憶力・判断力共に問題無し(第3分類)

もし検査結果が上記の内、第1分類だった場合は、その後の高齢者講習を受講することが出来ません。

また再検査を受ける場合には追加の検査に合格するか、医師の診断書が必要になります。

ただし、講習予備検査で行われる内容はあくまで記憶力や判断力を簡易的に検査する方法なので、検査に合格しなかったからと言って必ずしも認知症であるという訳では無い点にご注意下さい。

法改正後の高齢者講習の流れについて

2017年の法改正以降、講習予備検査を受けたあとはその結果次第でその後の高齢者講習の内容が異なります。

予備検査で第1分類だった方

臨時適性検査を行うか、医師の診断書を提出することで高齢者講習を受講することが可能となります。

その際受講する講習は「高度化講習」と呼ばれる最も受講時間が長い講習になっています。

予備検査で第2分類だった方

予備検査の結果が第2分類だった方は、臨時講習や診断書の提出は不要ですが、第3分類同様に高度化講習を受講する必要があります。

予備検査で第1分類だった方

予備検査で何の問題も無かった方は「合理化講習」と呼ばれる簡易的な講習を受講することで免許の更新が可能となりますs。

75歳未満のドライバーの方について

運転免許証の更新満了期間を迎える時に75歳未満であった場合は、ここまでご説明してきた「講習予備検査」を受検する必要はありません。

その代わり約2時間実施される「合理化講習」を受講することで免許の更新が可能となっています。

スポンサードリンク

-生活

Copyright© ネタくり , 2019 All Rights Reserved.