ちょっとした時間つぶしネタを提供

ネタくり

カード

三井住友Visaカードの「ワールドプレゼント」で貯まったポイントをお得に交換する方法

更新日:

ワールドプレゼントについて

ワールドプレゼントは信販会社大手の三井住友カードが発行しているいわゆる「三井住友VISAカード」のポイントプログラムの事です。

三井住友VISAカードではガードご利用金額1000円につきワールドポイントが1ポイント貯まるようになっており、貯まったワールドポイントは三井住友カード会員専用サイト「Vpass」を通じて様々な商品や商品券、他社のポイントやマイルと交換することが出来る仕組みになっています。

先述した通り、三井住友カードは数あるカード発行会社のなかでも大手なので交換できる商品や移行できるポイントやマイルなども幅広く用意されているのが特徴です。

今回はそんなワールドポイントの賢い貯め方やワールドプレゼントの中で特にお得な商品との交換方法をワールドプレゼント内で用意されているカタログの中から厳選してご紹介したいと思います。

ワールドプレゼント(ワールドポイント)の基本情報について

ワールドポイントの有効期限

三井住友カードでは現在、一般カードやゴールドカードを含め数種類のプロパーカードが発行されていますが、獲得したワールドポイントの有効期限はカードの種類ごとに異なっているので以下にまとめてみました。

三井住友プラチナカード ポイント獲得月から4年間
ゴールドカード ポイント獲得月から3年間
上記以外のカード ポイント獲得月から2年間

通常の利用で付与されるワールドポイント以外にもキャンペーンやボーナスとしてプレゼントされる特別ポイントについても上記の有効期限となっています。

有効期限を過ぎたワールドポイントは自動的に失効となり、失効してしまったポイントは当然利用することが出来なくなってしまうのでポイントの有効期限にはご注意下さい。

ワールドポイントの価値と還元率について

先ほど軽く触れましたが、ワールドポイントはカードご利用金額1000円につき1ポイント付与されます。

これを還元率に直すと0.5%となるわけですが、単純に還元率だけで考えると他社のクレジットカードと比較しても決して還元率が良いとは言えません。

しかしこれをワールドプレゼント内で交換できる商品の価値で考えてみると、例えば交換できる商品の中にあるVJAギフトカード(VISAのギフト券)は600ポイントで3000円分のギフトカードに交換できるのでその価値は1P=5円にもなります。

このようにポイント還元率が低くても交換する際にポイントの価値が高くなる商品がワールドプレゼントでは多く用意されているので、交換する商品によってポイントの価値が高くなるのも魅力なのです。

スポンサードリンク

ワールドポイントを賢く貯める方法について

ポイントが沢山貯まるカードを使ってワールドポイントを貯める

これはポイントを賢く貯める基本的な事になりますが、クレジットカードの種類によってポイントの付与率が異なっている場合、最も条件が良いカードを利用することでポイントを効率的に貯めることが出来ます。

例えば三井住友カードでは初めてクレジットカードを持つ方を狙って「デビュープラスカード」というカードを発行しています。

このカードを発行することが出来るのは18~25歳までと年齢制限があるものの、対象の方であれば通常の2倍、1000円につき2ポイントのワールドポイントが付与されます。

ボーナスポイントを有効に利用してワールドポイントを貯める

三井住友カードではカードの年間利用額やカードの種類に応じて会員ステージを設けています。

年間利用額が50万円以上の方であればポイント付与率が実質20%アップ、年間300万円以上ならなんと60%もボーナスポイントが付与されるのです。

年間300万円というのは中々ハードルが高いですが、カードをよく利用する方であれば三井住友カードをメインカードにすることで50万円というのは比較的簡単にクリアできるのではないでしょうか?

ワールドプレゼントでお得にポイントを交換する方法について

貯まったワールドポイントを何と交換するか?これは三井住友カードをご利用されている方にとって悩ましい問題かと思います。

ワールドプレゼントでは貯まったワールドポイントを以下の商品やサービスと交換することが出来ます。

  • カタログ掲載商品の中からお好きな商品と交換
  • 他社のポイント(Pontaポイントや楽天ポイント)と交換
  • ANAなどの航空会社のマイルと交換
  • ポイントをキャッシュバック・プリペイドカードにチャージする
  • WAONやnanacoなどの電子マネーにチャージする
  • 自治体などに寄付する

このように大手信販会社の発行しているカードなだけあって、交換できる商品やサービスなどは豊富に用意されています。

そこでカタログに掲載されている商品や他社のポイントやマイルなどを徹底的に調査し、1ポイントあたりの価値が高い商品を表にしましたので参考になさってみて下さい。

VJAカード 600ポイントで3000円分 ビックカメラ 100ポイント500ポイント
(1ポイント:5円) (1ポイント:5ポイント)
ANAマイル 100ポイントあたり300マイル ヨドバシカメラ 100ポイント500ポイント
(1ポイント:3マイル) (1ポイント:5ポイント)
dポイント 100ポイント500ポイント nanacoポイント 100ポイントあたり300ポイント
(1ポイント:5ポイント) (1ポイント:3ポイント)
楽天ポイント 100ポイント500ポイント 楽天Edy 100ポイントあたり300ポイント
(1ポイント:5ポイント) (1ポイント:3ポイント)
Tポイント 100ポイント450ポイント WAONポイント 100ポイントあたり500ポイント
(1ポイント:4.5ポイント) (1ポイント:5ポイント)
Pontaポイント 100ポイント450ポイント Suicaポイント 100ポイントあたり300ポイント
(1ポイント:4.5ポイント) (1ポイント:3ポイント)

スポンサードリンク

-カード

Copyright© ネタくり , 2019 All Rights Reserved.